人気ブログランキング | 話題のタグを見る

人生はシェーカーの中で


by yahooomahalo

6/24 金曜日

ゲストの皆様

こんにちは

お元気ですか?

ようこそいらっしゃいました

さて

みなさんがよく目にする千円札の

「顔」にもなった世界的な細菌学者

野口英世

皆さんは

ちゃんとした立派な人物に思える野口さん

ですが……

実は全くちがいました

野口さんは行動がいつも、とつ然で

金づかいがあらく

周りに迷惑をかけまくる男でした

しかし

そんな野口さんをけっして見捨てなかった

人物がいました

それが歯科医師の血脇守之助さんです

今回はこの方のお話しです

2人の出会いは、ぐうぜんでした

ある日

友人のもとを訪ねた当時27歳の血脇は

そこで

真剣な顔で本を読む

21歳の野口さんに出会います

見るとその本は

フランス語で書かれたむずかしい医学書です

「どこでフランス語を習ったの?」

「神父さんや学校の先生に習いました」

この会話をきっかけに

野口さんは血脇さんを質問攻めにします

医学の知識を得ようとする

野口さんのどんよくな姿勢に感心し

血脇さんはこんなことを言いました。

「東京に出たら、私を訪ねて来なさい」

このとき野口さんはまだ

医学校の試験にも合格していません

血脇さんからすれば

頑張ってねという軽いはげましのつもりでした

ところが、それから1年後…

おどろくべきことに

試験に合格した

野口さんは本当に東京に出てきて

いきなり血脇さんを訪ねます

しかも、無一文で…

「なんでもしますから!

私をここに置いてください!」

とつ然のことに困惑しながらも

血脇さん

この青年のために住むところを探し

学費も出してやることにしました


東京生活をスタートさせた野口さん

しかしこれは

スネかじりのほんの始まりに過ぎませんでした

「ドイツ語を習いたいのですが」

「私立の医学塾で学びたいのです」

野口さんの要求は

どんどんエスカレートしていきます

そのたびに

血脇さんは

自腹を切って願いをかなえてやりました

飲んだり食べたりすることが大好きな

野口さんは 

血脇さんからもらった

こづかいを遊びにもどんどん使ってしまいます


「あんな男に学費を出すなんてバカげているよ」

周囲からそう言われることもありました

血脇さんだって

けっして裕福なわけではないのですから

当然ですね

それでも血脇さんは

野口さんを支援することをやめませんでした

同じ医学を志す者として

彼の成長が楽しみだったからです

事実、血脇さんのおかげで

野口さんはドイツ語をマスターし

医学の知識をどんどん吸収していきました

そして

医師になるための試験に

異例の若さで合格したのです

試験に受かって調子に乗った野口さん

今度は「アメリカに留学したい」と考えます

しかし、お金がありませんでさした

そこで野口さん

なんとたまたま会った

お金持ちの夫妻に

彼らの娘と結婚することを約束して

アメリカ留学の費用を出してもらいます

しかも

最終的にこの娘とは結婚しなかったのですから

ほとんどサギみたいなもんです

アメリカ行きが決まってうかれた野口さん

高級店に仲間を招き

自分で自分の大送別会を開きました

飲めや歌えやの大さわぎ

気がつけば

そこには高額の請求書の束が

支払いのアテなどない野口さん

なんとアメリカ留学の費用を

そこでほぼ使い果たしてしまいます

うなだれる野口さん

その性格を知りつくしている血脇さんも

これにはさすがにぼう然としました

しかし

それでも血脇さんは見捨てませんでした

なんと借金してまで

野口さんの留学費用を用意してやったのです

さすがの野口さんもなみだを流して感謝し

留学先では心を改めて研究にぼっ頭しました

そして数々のすばらしい研究成果を残し

たくさんの人の命を救ったのです

めでたしめでたし…






一方…

野口さんに

散々ふり回され続けた血脇さんは

息子にこんな遺言を残しました

「女にほれても、男には絶対にほれるな

女に費やす金などたいしたものではないが

男に吸い取られると底がない」

血脇さんにとって

野口さんは医学界の希望であり

かけがえのない存在だったのでしょう

そんな彼を一生かけて見守り

支えることに

血脇さんは使命感とよろこびを

感じていたのかもしれませんね

それともドMだったのかしら?(笑)

血脇さんは

日本歯科医師会会長

東京歯科大学の創立者の一人

明治後期から昭和初期にかけて

日本の近代歯科医療制度の確立に尽力されました


最後に

"忍耐は苦(にが)い。けれどその実は甘い"

これは野口さんが

実際はフランス語で残した言葉です

今夜は末廣Dr.野口カップで乾杯しては?

末廣酒造は会津の酒蔵の1つで

野口英世が父と仰いだ小林栄氏の娘の嫁ぎ先で


英世さんの母がたびたび訪れた場所でもあります

もちろん英世さん自身も帰国したおりに

嘉永蔵で書を書くなどしており

その時に撮った写真も残されております



それでは今回はこの辺で

またお会いしましょう

酔い週末を!




名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by yahooomahalo | 2022-06-24 11:27 | お店から | Comments(0)