人気ブログランキング | 話題のタグを見る

毎夜barで起こる日々を綴っております人生はシェーカーの中で


by 今夜も乾杯

ジンの種類その2

プリマス・ジン 18世紀以来、イングランド南西部のプリマスで作られている香りの強いドライ・ジン。
ドミニコ派の修道院で作ったのが始まりといわれている。
オールド・トム・ジン 現在は、ドライジンに2%の砂糖を加えて製品化する。基本的な原料、製法はドライジンと変わらない。
シュタインヘーガー ドイツでつくられるオランダジン系のジン。ドイツのウエストファーレン州のシュタインヘーゲン村で生ま
れたことから、この名前がある。製法は、ジュニパー・ベリー自体を発酵、蒸留してジュニパー・ベリーのスピリッツを得る。
これをグレーン・スピリッツとブレンドし、単式蒸留器で再蒸留する、といった独特な方法が採られている。柔らかな風味が特徴
フレーバード・ジン ジュニパー・ベリーの代わりにフルーツなどで香りを付けた甘口のジン。日本、アメリカではリキュールと
して扱っているが、ヨーロッパではジンの一種として扱うことが多い。スロージン、オレンジ・ジン、レモン・ジン、ジンジャー
・ジンなどがある。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by yahooomahalo | 2006-01-11 04:40 | Comments(0)