人気ブログランキング | 話題のタグを見る

毎週金曜日更新です宜しくお願いいたします


by カクテルとカレーの店

ジンの歴史

ジンは、1660年、オランダのライデン大学医学部教授フランシスクス・シルビウス(この名前は、当時の学者が用いていたラ
テン語の通称で、本名、フランツ・ド・ル・ボエ)によって開発された。シルビウスは、熱病の特効薬をつくろうとして、利尿効
果のあるジュニパー・べりー(ねずの実)をアルコールに浸漬して蒸留した。医学者シルビウスの意図とは別に、この薬用酒はむ
しろ、さわやかなアルコール性飲料として評判になり、ジュニパー・ベリーを意味するフランス語ジュニエーブルからジュネバと
呼ばれて、オランダを代表する酒となった。ジュネバは、オランダ商人の手で世界各地に広がっていったが、特にイギリスでは英
語風にジンと呼ばれて大流行した。1689年にオランダから英国王に迎えられたウイリアム3世(オレンジ公ウイリアム)の影
響もあって、爆発的な人気を得た。18世紀前半のイギリスでは、「ジンの時代」と呼ばれるほど庶民層にジンが飲まれ、未成年
者や女性も巻き込んださまざまな悲劇が生まれている。イギリスでは、当初、飲みやすくするため砂糖で甘味付けされたオールド
・トム・ジンが好まれていたが、19世紀後半になると、連続式蒸留機によるすっきりとした風味のドライ・ジンが登場してジュ
ネバを圧倒、世界的にもドライ・ジンが主流になった。
名前
URL
削除用パスワード
by yahooomahalo | 2005-11-25 17:48 | Comments(0)