人気ブログランキング | 話題のタグを見る

毎週金曜日更新です宜しくお願いいたします


by カクテルとカレーの店

ウイスキーの歴史 「その3」

 一方、ローランドの大規模蒸留所では蒸留の効率化を進めていたが、1826年、蒸留業者ロバート・スタインが連続式蒸留機を発明した。1831年には、アイルランド、ダブリンで徴税使をしていたイーニアス・コフィが、より効率のいい連続式蒸留機を発明。特許を取った。この連続式蒸留機は、コフィ・スチルまたは特許(パテント)を取ったのでパテント・スチルと呼ばれているが、これによって、トウモロコシや小麦など大麦麦芽以外の穀物を原料としたグレーン・ウイスキーが量産されるようになった。




 1853年、エジンバラの酒商だったアンドリュー・アッシャーがモルト・ウイスキーとグレイン・ウイスキーをブレンドしたブレンデッド・ウイスキーを発売モルトの豊かな香味とグレーンの飲みやすさを併せ持ったこの新タイプのウイスキーは、人々に広く受け入れられた。ブレンデッド・ウイスキーが支持を広げていくに従い、スコットランドのウイスキー生産の主導権は、大規模なグレーン・ウイスキー蒸留業者に移っていった。1877年、ローランドの大手蒸留業6社によりDCLが結成され、生産、販売両面で大きなシェアを占めるようになった。1880年代に入って、ブドウ畑に壊滅的な被害を与えたフィロキセラ虫害により、フランスのワイン、ブランデーの生産が激減したが、これはブレンデッド・スコッチ・ウイスキーに有利に働いた。これまでコニャックなどフランスのブランデーを飲んでいたイギリスの上流階級は、コニャックに代わる熟成ブラウン・スピリッツとしてウイスキーを飲み始めたのだ。やがて、専らジンを愛飲していた庶民層にもウイスキーが浸透していった。以後、DCLなどの大手生産者は、アメリカはじめイギリスと関わりのある国々にウイスキーの輸出を始め、スコッチウイスキーは、今日の世界の酒の地位を築いていく。
名前
URL
削除用パスワード
by yahooomahalo | 2005-10-02 22:22 | Comments(0)