人気ブログランキング | 話題のタグを見る

毎週金曜日更新です宜しくお願いいたします


by カクテルとカレーの店

ウイスキーの歴史 「その1」

 ウイスキーの語源とされるゲール語のUisge-beatha(ウシュク・ベーハー 生命の水)は、ラテン語のAquavitae(アクアヴィタエ 生命の水)からきており、ブランデーなど他のスピリッツ同様、錬金術と深い関わりを持っている。このUisge-beathaがUsquebaugh(アスキボーまたはウスケボー)に変化。さらに簡略にUsky(ウスキー)と呼ばれるようになり、Whisky(イギリスやカナダの表記)、Whiskey(アイルランドやアメリカでの表記)と転化したといわれている。




 ウイスキーがいつ頃つくられ始めたのかは明らかではないが、1172年、イングランドのヘンリー二世の軍隊がアイルランドに進攻したとき、現地でUsquebaughと呼ばれる穀物を蒸留した酒を飲んでいるのを見た、と史書に記録が残っている。また、1494年のスコットランド大蔵省の記録には、「修道士ジョン・コーに発芽大麦8ボルを与え、生命の水(aquavitae)をつくらしむ」
と記載されており、すでに、スコットランドでもウイスキーづくりが行われていたことがわかる。スコッチ・ウイスキーの生産者団体であるスコッチ・ウイスキー協会(本部・エジンバラ)は、この1494年を「ウイスキー誕生の年」としており、1994年には、盛大な「スコッチ・ウイスキー誕生500年記念式典」を開催した。
Commented by maKO at 2005-10-17 18:43 x
勉強になりました。ブログ頑張ってください。
Commented by 山川 at 2005-11-05 01:52 x
返事送れてすみません。
これからもがんばります
名前
URL
削除用パスワード
by yahooomahalo | 2005-10-02 20:20 | Comments(2)